相続税はこのように課税される

財産の承継方法

相続とは、亡くなられた方(被相続人)の財産を一定範囲の親族(相続人)に受け継がせることです。
財産には、現預金や有価証券、不動産などのプラスの財産のほかに、借金や未納の税金といったマイナスの
財産も含まれます。

相続については、次の3つの選択肢があります。

形態 ① 単純承認 ② 限定承認 ③ 相続放棄 内容 すべての財産を引き継ぎます プラスの財産の範囲で債務も引き継ぎます すべての財産を引き継ぎません

※②、③を選択する場合には、相続の開始を知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所に申出が必要となります。

相続順位

相続人になれるのは配偶者、子、親、兄弟姉妹などに限られ、その順位も民法で定められています。
配偶者は無条件で相続人となります。配偶者以外では、次の順位で相続人が決まります。

順位 第1順位 第2順位 第3順位 該当者 子(直系卑属)親(直系尊属)兄弟姉妹

第1順位の子が亡くなっている場合には、亡くなっている子の子(孫)が子に代わって相続人となります。
これを代襲相続といいます。

代襲相続も考慮して第1順位となる相続人がいない場合に第2順位者が、第2順位者がいない場合には、第3順位者が相続人となります。

第1順位者が相続人となる場合には、第2順位者、第3順位者は相続人となりません。
第2順位者が相続人となる場合には、第3順位者は相続人となりません。
この民法に定められている相続人を法定相続人といいます。

相続割合

民法では相続人の相続分を次のように定めています。この割合を法定相続分といいます。

相続人 配偶者と子 配偶者と親 配偶者と兄弟姉妹 法定相続分 配偶者1/2 2/3 3/4 子(直系卑属)1/2-- 親(直系尊属)-1/3 -兄弟姉妹- - 1/4
子がいる場合 子がいない場合 子も親も いない場合 配偶者がいる場合 配偶者 子 1/2 1/2 配偶者 親 2/3 1/3 配偶者 兄弟姉妹 3/4 1/4 配偶者がいない場合 子 親兄弟姉妹

遺留分

民法では、兄弟姉妹以外の法定相続人に、ある程度の財産を残すように定めています。
これを遣留分といい、直系尊属(親)だけが相続人の場合は法定相続分の1/3、配偶者や子が相続人にいる場合には法定相続分の1/2になります。
これを侵害するような遺言があった場合、遺留分を持つ相続人は相続の開始を知った日から1年以内に遺留分の減殺請求を行って遺留分を確保することができます。

配偶者のみ 遺留分1/2 子供のみ 遺留分1/2 父母のみ 遺留分1/3 兄弟姉妹のみ なし
配偶者と子の場合 配偶者:1/4   子供:1/4 配偶者と父母の場合 配偶者:1/3 父母:1/6 配偶者と兄弟姉妹の場合 配偶者:1/2 兄弟姉妹:なし
ページトップへ