贈与税①

今日は、贈与税の話です

皆様に、最もなじみのある節税対策かもしれませんね

個人から財産をもらった場合に課税される税金を贈与税と呼びます。
相続税を補完するために定められている税金です。

贈与税には大きく2つの課税方法が定められています。暦年課税相続時精算課税といいます。

贈与税は、贈与があった年の翌年3月15日までに申告納付が必要となります。

下記は、暦年贈与をイメージしていただくための図になります

暦年贈与では、注意をしなくてはならない規定があります

相続開始前3年以内の贈与財産の加算です

つまり、亡くなった方が相続開始前3年前までにした贈与は、効果がなくなってしまう

という規定です。しかし、この規定への対抗もあります。お孫さんや子供の配偶者の方に

贈与するのです。これらの方にはこの規定の適用がありません

この規定に対しては、有効的な対策ですがお孫さんへの贈与の管理や子供が離婚する可能

性もゼロでないため配慮が必要とはなってきます

具体的に取り組みたい方は、弊社までご連絡ください

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.